2010年06月21日

研究所について

前回まで、どうでもいいMakisanの日常のことばかり書いていて、肝心の滞在中の研究所について何もお伝えしておりませんでしたので(スミマセン)、今回は研究所での事を。
私が今居るのは、J. Heyrovsky Institute of Physical Chemistryという研究所です。研究所全体の人数は応セラ研と同じかやや多いくらいですが、学生さんの数は応セラ研に比してずっと少ないです。
プラハの街中からメトロで20分位のところにあります。

JHPC.jpg
研究所外観

所内は幾つかのDepartmentに分かれていて、理論化学や生物物理化学など化学系8分野のDepartmentがあります。
このうち私が今いるのはDepartment of Electrocatalysisです。電気化学です。佐々木研関係者の方にはすぐご理解いただけるかと思うのですが、はっきり言って門外甚だしい状態です(笑)。
今は化学的試料合成法について、毎日修行させてもらっているところです。この化学修行については、また後日。。。

研究所はAcademy of Science of the Czech Republicのキャンパス内にあり、周りには物理学研究所や情報学研究所などもあります。
ちなみに、研究所名の”J. Heyrovsky”はチェコスロバキア(当時)のノーベル化学賞(1959年)受賞者Jaroslav Heyrovskyに由来するそうです。

scenery.jpg
オフィスからの眺め。
このもうちょっと左手には、小さいながらプラハ城が見えるんですよ。
posted by makisan at 23:54| 神奈川 ☁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

RCBJSF-10

お久しぶりです。
皆様お元気でしょうか?3月で秋田に帰ると散々言っておりますがなぜかまだ成田にいる秋葉です。

http://www.msl.titech.ac.jp/~RCBJSF10/index.htm

この度↑の強誘電体の国際学会に参加することになりました。(と言っても発表するわけではなく聞きに行くだけですが)
というわけで来週火、水の二日間すずかけ台のキャンパスの中をうろうろする予定ですので、でかいのを見かけても虐めないでくださいね
posted by 秋葉 at 21:44| ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

水餃子!!

佐々木研究室本店ではPFでのビームタイム中だろうと思いますが、その後実験の進み具合は如何ですか?

Makisanの筆頭世話人であり化学の師匠であるロシア人のVさんは、日本に住んでいたことがあり、Vさん一家は大変な日本通です。
こちらのスーパーで手に入る米はお口に合わないそうで、日本雑貨店に日本米を買いに行っているとの事。
Vさんが先週、日本雑貨店とロシア雑貨店に買い出しに行くから一緒に行かないかと誘ってくれたので、一緒にお買い物に行ってきました。

日本雑貨店は広くはないですが、ラップから納豆まで、なんでも手に入る程の品揃えに驚きました。
まさかこんなものまで手に入るとは。
東京にいた時は、よく使ってたんですよ、これ↓。。
pepper.jpg

ロシア雑貨店では、水餃子の様な物を買いました。
これは中国に近い地域だけでなくロシア圏ほぼ全域で広く食べられている物との事。
知りませんでした。
gyoza.jpg
家に帰って早速食べてみましたところ….思わず一人で「うまー!」と叫んでしまいました。
見た目の形状が見慣れたものと違うだけで、それは水餃子そのものでした。
実はmakisanの好きな食べ物ランキング一位は水餃子です。
あぁまさかプラハで水餃子に会えるとは!
食べ方は中国料理とは違って、スパイスをかけてそのまま食べたり、ケチャップやマヨネーズと一緒に食べるのだそう。
私はスパイスとケチャップで食べてみましたが、最高です!

Vさんは私が白米欲しいんじゃないかと気遣って買い物に誘ってくれた様なのですが、もう当面は水餃子しか目に入らなさそうです(笑)。
posted by makisan at 06:33| ☔| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

IKEA大活躍

昨日の記事(参考記事:6/4)のような感じで始めた新生活の立ち上げですが、まず最初にIKEAに行きました。
ここにもあります、IKEA。しかもプラハ近郊だけで2件もあります。
その余波か、新居に備え付け(借りた家は家具付きです)のダイニングテーブルセットはIKEAの品。なぜ分かるかというと、日本のウチで使っていた物と同じ物だからです!
おかげで別の部屋で暮らしている、という感じがあまりしません(笑)
今回家を決めるまでに、計8件の家具付き物件を見に行ったのですが、同じダイニングテーブルセットが使われていた確率は50%もありました(笑)!
明日また日用品の買い足しにIKEAに行ってこようと思っています。

2週間前までは、研究所とスーパーのみが生活圏でしたが、引越しに伴い、IKEAや電気屋、ショッピングモールに行ったりして行動範囲がずいぶん広がりました。そして分かったのが、当初思っていたよりも英語が通じること(参考記事:5/14)。研究所は郊外にあるんですが、プラハの街中や大きなショッピングモールなら、英語通じるお店多いみたいです。
でもやはりどこでも通じるわけではないのと、チェコ語が分かると色んな自由度がグッと高くなると思うので、やっぱりチェコ語は覚えたいと思っています。
posted by makisan at 06:50| ☔| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

おうち決めました

こんにちは。
makisan@プラハです。

プラハ出張所に赴任して丁度1カ月になりました。
少しご無沙汰している間に、住むお家を探して引っ越して、生活に必要なものを買い揃えたりしました。旅行とは違う生活が軌道に乗り出してきた感じです。

おうち探しの間、Vさん筆頭にオフィスが同室のKさん、グループリーダーのPさん、みんなとても親身になって手伝ってくれました。
お家を決めて、いざ引っ越す段階になっても、なるべく物を買わなくて済むよう、自宅で使っていないものを持ってきてくれたりしました。
チェコの人は物を大切にする、というのを何処かで読んだ気がしますが、確かに些細なものでも「そんなの買っても安いから買えば?」とは誰も言わないんですね。
私が「自分で買うから気にしないで」と言うと、「チリも積もれば、だよ!」と皆が口を揃えて言うのです。
KさんやVさんの他、Vさんの隣人のEさん(研究所とは関係ない方です。一度お食事をご一緒しました。)まで、皆さん色々気にかけてくれました。みなさん多謝でした。
家探しをしていた時に感じたことですが、ここでは食材などの日用品の物価は割と低く抑えられているのですが、当地の給与水準に対するお家や車にかかる割合が日本よりずっと高いように感じました。もしかしたら、この辺が物をとても大切にする事と関係あるのかもしれません。

研究室では今日からPFのビームタイムですね。
前回みたいな収穫があるといいですね。
皆さん頑張ってください!ぴかぴか(新しい)
posted by makisan at 06:07| 🌁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

百香亭と新人達

実験も磁気サテライトがでて順調に進んでいます。
今日はM1のK下君とA部君が百香亭(PF)デビューをしました。

まずは一言ずつ感想をどうぞ、

百香亭最高でした。K下

百香亭(PF)を好きになりました。A部

酢豚がやはり人気でしたが、その他にはマーボー豆腐、チャーハン、八宝菜など、どれも美味しかったそうです。つくばは量が多いです。

筑波大学も高エネ研も、キャンパスは広いですね。
実験ホールのツアーの途中でリングのコントロール室にも入れてもらえました。

最後にわれわれの雄姿と赤い車の生存確認をチェコへ贈ります。
PIC_0300.JPG
posted by たっくん at 15:44| ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

PFです。

どーもたっくん@PFです。昨日からPFで実験です。


昨夜のことですが。

ゆおん → 貸切たらーっ(汗)

焼鳥屋 → 満席あせあせ(飛び散る汗)

牛角 → やっと入れましたダッシュ(走り出すさま)



まだまだ立ち上げ。
順調だったりそうでなかったりしていますが。
いろんな事がうまく行くといいなと
がんばってますよーーーー晴れ
posted by たっくん at 10:24| ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

切符を買いに行ったら

makisan@プラハです。
ちょうど今日で10日目です。

ここでの公用語はチェコ語です。
でもここは有名な観光地だし、ゆうても市内では結構英語通じるだろうと思ってたんですが、想像以上に通じないことが多いです。
プラハに来て一番驚いた事が、これです。

先日、駅のインフォメーションに切符を買いに行きました。
プラハ市内の公共交通機関の切符は、地下鉄、トラム、バス共通になっていて、乗車時に日時を刻印するようになっているので、事前に切符をまとめ買いしておくことが可能です。
窓口で、英語で「切符を10枚ください」、と伝えたら、窓口の人は何やらメモを調べてから、
「deset?(=チェコ語で10)」と聞き返してきました。
多分、ten(=英語で10)がすぐに通じなかったのだと思います。
「Ano.(=チェコ語でyes)」と返事をしたら、切符を出してくれて、目の前で数えて見せてくれたんですが、
「eins, zwei, drei …(=ドイツ語で1、2、3)」 と、ドイツ語で数えてる!
とりあえず、こいつにはチェコ語は通じないから、という気遣いをしてくれたのは良く分かりました。
こっちも一緒になって数えだして、
「..acht, neun, zehn! (=ドイツ語で8、9、10). Ano!」
もう、こちらも言葉ごちゃまぜです(笑)。
学部生の頃ドイツ語選択しててよかったと、この時初めて思いました。

でもチェコ語以外の言葉も話すことができる人はたくさんいます。
私、いま家探し中なんですが、不動産屋さんに電話した時に英語を話せる人が居る確率は40%位ある感じですし、ロシア語を話せる人はもっとたくさんいます。
実際、研究所で私のお世話をしてくれてる筆頭のVさんはロシア人でチェコ語が話せませんが、ロシア語と英語を駆使して家探しを強力に支援してくれています。
切符を買った駅は、いくつもの交通機関が交差する結構大きな駅で、絶対英語通じるだろうと予想していたので、ちょっと意外でした。
いずれにしても、こりゃ思っていたよりも真面目にチェコ語を勉強せなあかんな!と思いを新たにした次第です。
これから精進したいと思います。
posted by makisan at 04:21| 🌁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

プラハ出張所開設!

こんにちは。
makisan@プラハです。
5月3日に東京を出発し、無事にプラハに到着できました。
紆余曲折ありましたが佐々木研プラハ出張所がやっと回折開設の運びとなりました。
今こちらは5/6の22:00過ぎで、研究所での第3日目を終えたところです。

5/3のmakisanのプラハ到着時、研究グループリーダのPさんが空港に車で迎えに来てくれることになっていました。
ゲートを出てみたらPさんが居なかったので「空港でうまく会えなかった時のために」と聞いていたPさんの携帯に電話してみましたら、電話に出たのはPさんじゃなくて研究グループメンバーのVさん。その後ろで「後2分で着く!」と叫んでるPさんの声が (笑)。Vさんは来ると聞いてなかったのに、わざわざ2人して迎えに出て来てくれたようなのです。
その後プラハ市内を車で走っている時も、お城の近くをゆっくり走ってくれたり、名所の解説をしてくれたり。さすが世界に名を馳せる百塔の街で、有名な建物は夜ライトアップされていて、ヴァルタヴァ川沿いの景色がとても素敵でした。
夜9時過ぎの遅い到着だったのに、2人ともアリガトウ!

研究所の人達もみな、新しく来たmakisanに本当にとても親切にしてくれて、今日までとても快適に過ごせています。
東京を出る際、「最初は大変だろうけど頑張って!」と沢山激励をいただいたのですが、今までのところ、なんか快適なんですけど。。。
いやいや、そんな舐めた事言ってちゃダメですよ。これからが大変なんですよね。
Pさんからも「東京みたいに治安良くないからね!」と念押されてますし、まずは身の回りの事から、気を抜かないようにやってゆくよう心がけたいと思います。
posted by makisan at 05:22| ☀| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

明日は成田空港

明朝、成田空港に向かいます。赤道近くの温かい海で、海の中の世界を覗いてきます。いやー、それにしても、プラハ特派員より早く出発することになるとは、、、。プラハの方もチケットがとれて出発日が確定したようで安堵しています。行ってらっしゃい!
posted by 5階 at 18:27| ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。