2010年12月22日

結構本気

Makisan@プラハです。
こちらはクリスマス休暇に突入しつつあり、研究室内も閑散としてきた今日この頃です。

街では広場という広場にクリスマスマーケットが建っていて、とても賑やかです。
(プラハのクリスマスマーケットに関しては次回ご報告させてください。)
うちの最寄りのスーパーの前の木も見事な聖誕樹に変身しました。
夜になったら、なかなか綺麗です。
Billa.jpg

店の前では聖誕樹用の木が売られていました。
tree.jpg
本物の木だよね、これ!切ってきたやつだよね、これ!!
皆さん結構本気で飾り付けするんですね。。。でも、これ後でどうやって片付けるの?!

今日は研究所で、所内全体のクリスマスパーティがありました。
研究所でも本気です(笑)。
Party.jpg
クリスマス休暇に突入しつつありますので、あまり人が集まらないのかと思ったら、会場のロビーは人でいっぱいに。
顔は知ってるけど何処の誰だか知らない、という方々とお話しする機会ができて楽しかったです。
こういう機会があるのもいいものですネ。
Tony.jpg



posted by makisan at 11:17| 神奈川 ☁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

なんじゃこりゃ

Makisan@プラハです。

10日間のNY出張を終え、プラハに着いて空港を出ると、赤や黄色の落ち葉で賑やかだったはずの景色が、こうなっていました。
snow.jpg
(写真はMakisan邸のベランダから撮影)

なんか一気に季節が進んだ感じです。
空港を一歩出て思わず、ナンジャコリャ!と叫んでしまいました。
外の気温はスキー場と同じ位の気温。。。
日中でも氷点下です。

明日はドイツから来客があるので、プラハ市内を案内する約束なんですが、明日も雪の予報です。大丈夫かなぁ。。。
posted by makisan at 07:29| 神奈川 | プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

アメリカでの放射光実験

今週はアメリカにある放射光施設を使った実験のため、NYへ行っていました。
実験を行ったのはNational Synchrotron Light Source(NSLS)という放射光施設です。
つくばの高エネ研の機構内にPFがあるように、NSLSはBrookhaven National Laboratory(BNL)という機構内にあります。

NSLS.jpg

ここは研究室卒業生のTさんが暫く滞在されていたことがあって、話に聞いていたものを色々見る事が出来て興味深かったです。
KEK以上に車がないと不便な所ですが、逆に言うと自然が豊かな所です。
実験の夜番終わって宿舎に帰る明け方、こんな出会いも。
deer.jpg

ビームタイム終了後、2日ほど休暇をもらってニューヨークの街へ行ってきました。
佐々木先生は昔ニューヨーク州立大にお勤めされていたことがあって、ニューヨークと言えばアナタ、佐々木先生の青春の街ですよ!事前にお勧めスポットもバッチリ教えてもらいました(^-^)b
ニューヨークの街へはBNLからはバスと電車で2時間。さすが世界に名だたる大都会、とても賑やかな町でした。
ちょうどThanksgivingの日で、この日恒例のMacy’sのパレードにも遭遇。
parade.jpg
でもこのパレードを見る為に早朝から寒空の下立っていた+詰め込み実験後で疲弊していた事が祟って、パレードの後、一旦ホテルに戻ったら数時間爆睡してしまいました。不覚もうやだ〜(悲しい顔)

今回のニューヨーク滞在の主目的はBroadwayでのミュージカル鑑賞。実はMakisanミュージカルマニアです。Broadwayのミュージカル最高でしたハートたち(複数ハート)次は実験抜きで来て(←これ重要)昼夜ミュージカル行脚したいと思います。
posted by makisan at 10:28| 神奈川 ☁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

300種類のビール

Makisan@プラハです。
ちょうど今、M2と佐々木先生はアジア結晶学会議@釜山に参加中ですね。
M2の発表、上手く行くといいですね。

みなさんが頑張って学会発表している時にビールの話で恐縮なのですが、
先週、300種類のビールを取り扱っているパブに行ってきました。
階上の研究室の人が友達とビールを飲みに行く機会に誘ってくれたんですが、わざわざ予約を入れて行くとの事。
きっと良い所に行くんですよ。これは行かなくちゃです。
300種類というのは外国のビールも集めて来ての数だそうですが、チェコの小さなブルワリーのビールの品数も相当数ありました。
Pub1.jpg
パブのカウンターの上には今日出せるビールのリストが貼ってありました。
お寿司屋さんみたいですね。

ビールリスト見ても聞いたことある名前のものの方が少ない。
「もう分からんから上から順番に頼む?」という話も出ましたが、産地や製法の情報を頼りに皆で相談しながらあれこれ注文。
以前誘ってもらった時もそうだったのですが、皆さん晩ご飯は食べて来て、パブではビール一本勝負の人が多い気がします。
食べ物はおつまみ的な料理が殆ど。居酒屋文化とは少し違いますね。
結局、なんやかんやで5時間ビールを飲み続けました。
Pub2.jpg

みなさんありがとうございました。楽しかったです。またぜひ誘ってくださいね。
さすがに次の日の朝、ちょっと頭フラフラしましたけどね。。
posted by makisan at 07:17| 神奈川 ☔| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

冬の足音

ていうか、もう足音とかいうナマヌルイ感じではなく、ここはもうすっかり冬です、冬!
Makisan@プラハです。

周りのチェコ人のみなさんに言わせると、この冬の到来は例年より一ヶ月早い、との事。
もうすっかりこんな感じです。
leaves0.jpg


そんな折、すごい物をもらいました。
leaves1.jpg
leaves2.jpg
階下の研究室の人が作ってくれたんですが、これはすごい!芸術だ!

それぞれの季節には、それぞれの楽しみ方があるもんですね。
10月中旬にしてダウンジャケット着て外歩いている今日この頃ですが、この芸術作品を見て、この寒いのも悪くないかも、と一瞬思いました。
ちなみに、街上を見渡すとコートを着て歩いている人は沢山いるのですが、もうダウンジャケット着て歩いてるのはMakisanだけです。いや、私ホント寒いのダメなんですよ。。
posted by makisan at 02:34| 神奈川 ☁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

玩具の展示会

こんにちは。
今日作った炒め物が王将級の美味さで機嫌がいい、Makisan@プラハです。

先日、オフィスが同室のKさんから、玩具の展示会の入場券をもらったので、昨日行ってみました。
チケットには“TOYS AND MODEL HOBBY”と書いてあったのですが、チケットの絵柄から子供向けの玩具がメインかと思い、期待せずに冷やかしのつもりで行ったんですが、見てビックリ!
会場は、首都圏で言うと幕張メッセの様な大きな展示場でした。
子供向け玩具の他に、大人向けのmodel hobbyの展示もあり、M井くんが居たら垂涎ものと思われる本格的なmodel craftや塗料や工具などの大人向けのブースも、その広い会場いっぱいに出ていました。
本当にいろいろあって、Wiiなどの日本の玩具のブースもあったので、この勢いならガ○プラとかもあるんちゃうかと探してみましたが、さすがにありませんでした(^-^;)
Makisanはこの手の物に詳しくないのですが、model craftって、電車から飛行機、ロボットまで色々あるんですね。しかも、みな精巧で細かな所まで良くできてる!
精密な部品を扱うということで、小型の工具もたくさんあって、こちらは我々の実験現場で役立つかもしれないので結構興味あったんですが、チェコ語で詳細を聞く事が出来ないので購入は諦めました。
うーん、チェコ語、もっと頑張って精進しないと!ですね。

会場の写真がないのですが、代わりに貰ってきた冊子の写真を。
MODEL.JPG
posted by makisan at 04:17| 神奈川 ☔| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

学会に参加してきました。

少しご無沙汰しておりました。
Makisan@プラハです。
ちょっと遡って8月の話です。

8月は、初旬に両親がプラハに遊びに来たり、中旬には再びDESYでのビームタイムがあったりと少し忙しい日々を過ごしていました。
そして8月最終週には、K大学のY先生との共同研究の関係で、鉱物関連の学会に参加してきました。
場所はハンガリーのブダペストです。
プラハからは列車で7時間。“古都”という言葉がよく似合う街でした。
buda.jpg
ブダペストの街


鉱物学関連の学会ということで、会期中に、昔1700−1800年代にハンガリーでの鉱物関連の教育拠点となっていた大学の古い図書館を見学する機会がありました。
蔵書は今でも1880年当時と同じ順番に並べられているとの事!
その本の中身は、、、
book.jpg
なんか現代の鉱物学や結晶学の本と余り変わらないじゃないですか!(笑)
すごい!!でも、良く考えたら学問って、こういうものですよね。


そしてこんなのもありました。
16世紀の天文学者、ティコ・ブラーエの蔵書印(サイン)。
Ticho2.jpg
今も昔も、皆やることは変わっていないのでしょうね(笑)。


佐々木研のM2諸氏も、この秋は国際会議で発表することになっていましたね。
そろそろ発表準備が本格化してきた頃でしょうか。
頑張ってください。陰ながら(笑)応援しています> M井くん、Y江くん。
posted by makisan at 04:05| 神奈川 ☀| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

ドイツでの放射光実験

Makisan@プラハです。

先週一週間は、放射光実験をしにドイツのハンブルグにあるDESYへ出張していました。
DESYは丁度、つくばのKEKのような組織で様々な加速器がある施設です。
今回はDORIS IIIという放射光施設での吸収分光実験を行いました。
DORISはPFと同じ第2世代の放射光施設。
そのせいかどうか分かりませんが、初めて行った施設だというのに、やたら既視感が(笑)!
そして当地の職員の方も、PFのどなたかを彷彿とさせる雰囲気の方が沢山居ました。不思議です。。。これも第2世代放射光繋がりのせいなんでしょうか?!
てな感じで、初めて来た気がしない中で実験を開始しましたが、新発見もありました。

(1)ハッチに穴があいている!
ハッチの扉近くに穴があいていて、鍵を差し込むようになっています。これを変な体制で押さえ続けながらハッチ内から外へ出て扉を閉めないとX線を導入できません。安全対策の一つですが、初めて見た時はびっくりしました。

hatch.jpg

(2)実験ホール内に居ても外の明るさが分かる
PFでもSPring-8でも、実験ホール内にいると外界と隔絶されてしまいますが、ここには実験ホール内に明かりとり窓があって、明け方に「あーそろそろ日の出かー。」と時間の流れを体感できます。

window.jpg

(3) VさんとPさんは寝なくても死なない超人である。
実験にはノルウェーの大学から来た博士課程の学生さんも参加したのですが、若い彼がヘロヘロになってるのに、彼ら二人は精力的に夜勤をこなしていました。ホントすごい。
Makisanは、ちょっと死にそうになりましたが。。
posted by makisan at 04:56| 神奈川 ☁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

ワールドカップ観戦

サッカーのワールドカップ、盛り上がっていますね。
Makisan@プラハです。

週末なので博物館に行ってみようと思い旧市街に出ました。
すると旧市街広場で何やらイベントをやっている様子。

square-3.jpg

ホットドッグを持って歩いている人が居たので、何のイベントかと近づいてみると、アジア的な音色の銅鑼の音と歓声も聞こえてきました。
Hyundai主催のワールドカップ観戦会場でした。
丁度、ウルグアイ対韓国戦の真っ最中!

square2-3.jpg
熱心に応援してる方々の多くは、在チェコ韓国人の方々でしょうか。

チェコはアイスホッケーが人気でチェコ代表チームも強いのですが、サッカーは今ひとつ、という感じの様で、ワールドカップにも出場していません。研究所でも話題に出ませんが、盛り上がるところでは盛り上がっているんですね。
会場で周りを見ていると、チェコ人も通りすがりの観光客の方々も一緒になって韓国チームを応援しているようです。
(Hyundaiのイベントなので、当然といえば当然ですが。。)

結局、今日は博物館には行かず、ホットドッグ食べながらサッカー観戦に予定変更。

hotdog-3.jpg

結果はウルグアイの勝利でしたが、韓国チームは大健闘したと思います!!

もし次の日本戦の時にどこかで日本戦観戦会があるなら行きたいなーと考えて、ふと気付きました。
あー。。。Makisan週明けから、HASYLABに放射光実験に行かなあかんのでしたふらふら
せめてテレビで見ることができるといいのですが。
posted by makisan at 07:12| 神奈川 ☔| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

研究所について

前回まで、どうでもいいMakisanの日常のことばかり書いていて、肝心の滞在中の研究所について何もお伝えしておりませんでしたので(スミマセン)、今回は研究所での事を。
私が今居るのは、J. Heyrovsky Institute of Physical Chemistryという研究所です。研究所全体の人数は応セラ研と同じかやや多いくらいですが、学生さんの数は応セラ研に比してずっと少ないです。
プラハの街中からメトロで20分位のところにあります。

JHPC.jpg
研究所外観

所内は幾つかのDepartmentに分かれていて、理論化学や生物物理化学など化学系8分野のDepartmentがあります。
このうち私が今いるのはDepartment of Electrocatalysisです。電気化学です。佐々木研関係者の方にはすぐご理解いただけるかと思うのですが、はっきり言って門外甚だしい状態です(笑)。
今は化学的試料合成法について、毎日修行させてもらっているところです。この化学修行については、また後日。。。

研究所はAcademy of Science of the Czech Republicのキャンパス内にあり、周りには物理学研究所や情報学研究所などもあります。
ちなみに、研究所名の”J. Heyrovsky”はチェコスロバキア(当時)のノーベル化学賞(1959年)受賞者Jaroslav Heyrovskyに由来するそうです。

scenery.jpg
オフィスからの眺め。
このもうちょっと左手には、小さいながらプラハ城が見えるんですよ。
posted by makisan at 23:54| 神奈川 ☁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

水餃子!!

佐々木研究室本店ではPFでのビームタイム中だろうと思いますが、その後実験の進み具合は如何ですか?

Makisanの筆頭世話人であり化学の師匠であるロシア人のVさんは、日本に住んでいたことがあり、Vさん一家は大変な日本通です。
こちらのスーパーで手に入る米はお口に合わないそうで、日本雑貨店に日本米を買いに行っているとの事。
Vさんが先週、日本雑貨店とロシア雑貨店に買い出しに行くから一緒に行かないかと誘ってくれたので、一緒にお買い物に行ってきました。

日本雑貨店は広くはないですが、ラップから納豆まで、なんでも手に入る程の品揃えに驚きました。
まさかこんなものまで手に入るとは。
東京にいた時は、よく使ってたんですよ、これ↓。。
pepper.jpg

ロシア雑貨店では、水餃子の様な物を買いました。
これは中国に近い地域だけでなくロシア圏ほぼ全域で広く食べられている物との事。
知りませんでした。
gyoza.jpg
家に帰って早速食べてみましたところ….思わず一人で「うまー!」と叫んでしまいました。
見た目の形状が見慣れたものと違うだけで、それは水餃子そのものでした。
実はmakisanの好きな食べ物ランキング一位は水餃子です。
あぁまさかプラハで水餃子に会えるとは!
食べ方は中国料理とは違って、スパイスをかけてそのまま食べたり、ケチャップやマヨネーズと一緒に食べるのだそう。
私はスパイスとケチャップで食べてみましたが、最高です!

Vさんは私が白米欲しいんじゃないかと気遣って買い物に誘ってくれた様なのですが、もう当面は水餃子しか目に入らなさそうです(笑)。
posted by makisan at 06:33| ☔| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

IKEA大活躍

昨日の記事(参考記事:6/4)のような感じで始めた新生活の立ち上げですが、まず最初にIKEAに行きました。
ここにもあります、IKEA。しかもプラハ近郊だけで2件もあります。
その余波か、新居に備え付け(借りた家は家具付きです)のダイニングテーブルセットはIKEAの品。なぜ分かるかというと、日本のウチで使っていた物と同じ物だからです!
おかげで別の部屋で暮らしている、という感じがあまりしません(笑)
今回家を決めるまでに、計8件の家具付き物件を見に行ったのですが、同じダイニングテーブルセットが使われていた確率は50%もありました(笑)!
明日また日用品の買い足しにIKEAに行ってこようと思っています。

2週間前までは、研究所とスーパーのみが生活圏でしたが、引越しに伴い、IKEAや電気屋、ショッピングモールに行ったりして行動範囲がずいぶん広がりました。そして分かったのが、当初思っていたよりも英語が通じること(参考記事:5/14)。研究所は郊外にあるんですが、プラハの街中や大きなショッピングモールなら、英語通じるお店多いみたいです。
でもやはりどこでも通じるわけではないのと、チェコ語が分かると色んな自由度がグッと高くなると思うので、やっぱりチェコ語は覚えたいと思っています。
posted by makisan at 06:50| ☔| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

おうち決めました

こんにちは。
makisan@プラハです。

プラハ出張所に赴任して丁度1カ月になりました。
少しご無沙汰している間に、住むお家を探して引っ越して、生活に必要なものを買い揃えたりしました。旅行とは違う生活が軌道に乗り出してきた感じです。

おうち探しの間、Vさん筆頭にオフィスが同室のKさん、グループリーダーのPさん、みんなとても親身になって手伝ってくれました。
お家を決めて、いざ引っ越す段階になっても、なるべく物を買わなくて済むよう、自宅で使っていないものを持ってきてくれたりしました。
チェコの人は物を大切にする、というのを何処かで読んだ気がしますが、確かに些細なものでも「そんなの買っても安いから買えば?」とは誰も言わないんですね。
私が「自分で買うから気にしないで」と言うと、「チリも積もれば、だよ!」と皆が口を揃えて言うのです。
KさんやVさんの他、Vさんの隣人のEさん(研究所とは関係ない方です。一度お食事をご一緒しました。)まで、皆さん色々気にかけてくれました。みなさん多謝でした。
家探しをしていた時に感じたことですが、ここでは食材などの日用品の物価は割と低く抑えられているのですが、当地の給与水準に対するお家や車にかかる割合が日本よりずっと高いように感じました。もしかしたら、この辺が物をとても大切にする事と関係あるのかもしれません。

研究室では今日からPFのビームタイムですね。
前回みたいな収穫があるといいですね。
皆さん頑張ってください!ぴかぴか(新しい)
posted by makisan at 06:07| 🌁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

切符を買いに行ったら

makisan@プラハです。
ちょうど今日で10日目です。

ここでの公用語はチェコ語です。
でもここは有名な観光地だし、ゆうても市内では結構英語通じるだろうと思ってたんですが、想像以上に通じないことが多いです。
プラハに来て一番驚いた事が、これです。

先日、駅のインフォメーションに切符を買いに行きました。
プラハ市内の公共交通機関の切符は、地下鉄、トラム、バス共通になっていて、乗車時に日時を刻印するようになっているので、事前に切符をまとめ買いしておくことが可能です。
窓口で、英語で「切符を10枚ください」、と伝えたら、窓口の人は何やらメモを調べてから、
「deset?(=チェコ語で10)」と聞き返してきました。
多分、ten(=英語で10)がすぐに通じなかったのだと思います。
「Ano.(=チェコ語でyes)」と返事をしたら、切符を出してくれて、目の前で数えて見せてくれたんですが、
「eins, zwei, drei …(=ドイツ語で1、2、3)」 と、ドイツ語で数えてる!
とりあえず、こいつにはチェコ語は通じないから、という気遣いをしてくれたのは良く分かりました。
こっちも一緒になって数えだして、
「..acht, neun, zehn! (=ドイツ語で8、9、10). Ano!」
もう、こちらも言葉ごちゃまぜです(笑)。
学部生の頃ドイツ語選択しててよかったと、この時初めて思いました。

でもチェコ語以外の言葉も話すことができる人はたくさんいます。
私、いま家探し中なんですが、不動産屋さんに電話した時に英語を話せる人が居る確率は40%位ある感じですし、ロシア語を話せる人はもっとたくさんいます。
実際、研究所で私のお世話をしてくれてる筆頭のVさんはロシア人でチェコ語が話せませんが、ロシア語と英語を駆使して家探しを強力に支援してくれています。
切符を買った駅は、いくつもの交通機関が交差する結構大きな駅で、絶対英語通じるだろうと予想していたので、ちょっと意外でした。
いずれにしても、こりゃ思っていたよりも真面目にチェコ語を勉強せなあかんな!と思いを新たにした次第です。
これから精進したいと思います。
posted by makisan at 04:21| 🌁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

プラハ出張所開設!

こんにちは。
makisan@プラハです。
5月3日に東京を出発し、無事にプラハに到着できました。
紆余曲折ありましたが佐々木研プラハ出張所がやっと回折開設の運びとなりました。
今こちらは5/6の22:00過ぎで、研究所での第3日目を終えたところです。

5/3のmakisanのプラハ到着時、研究グループリーダのPさんが空港に車で迎えに来てくれることになっていました。
ゲートを出てみたらPさんが居なかったので「空港でうまく会えなかった時のために」と聞いていたPさんの携帯に電話してみましたら、電話に出たのはPさんじゃなくて研究グループメンバーのVさん。その後ろで「後2分で着く!」と叫んでるPさんの声が (笑)。Vさんは来ると聞いてなかったのに、わざわざ2人して迎えに出て来てくれたようなのです。
その後プラハ市内を車で走っている時も、お城の近くをゆっくり走ってくれたり、名所の解説をしてくれたり。さすが世界に名を馳せる百塔の街で、有名な建物は夜ライトアップされていて、ヴァルタヴァ川沿いの景色がとても素敵でした。
夜9時過ぎの遅い到着だったのに、2人ともアリガトウ!

研究所の人達もみな、新しく来たmakisanに本当にとても親切にしてくれて、今日までとても快適に過ごせています。
東京を出る際、「最初は大変だろうけど頑張って!」と沢山激励をいただいたのですが、今までのところ、なんか快適なんですけど。。。
いやいや、そんな舐めた事言ってちゃダメですよ。これからが大変なんですよね。
Pさんからも「東京みたいに治安良くないからね!」と念押されてますし、まずは身の回りの事から、気を抜かないようにやってゆくよう心がけたいと思います。
posted by makisan at 05:22| ☀| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

なんで居るのと言われても

こんにちは。
makisan@東工大・佐々木研です。

本当は昨日欧州に向けて旅立ち、今日はプラハから「こんにちは!」な、はずだったのですが、今話題の火山噴火の影響で、搭乗予定のフライトが欠航となったため、、、、はい、今日フツーに研究室に居てますよ。
応セラ研の所内で会った数名の先生方には、「あれっ?!なんで居るの?!」と驚かれてしまいました。。。。

欧州の航空状況のカオスは収束する方向にあるみたいですが、すぐの出発は難しそうです。
またスケジュールが確定しましたら、こちらでもご報告させていただきます。
posted by makisan at 20:11| ☔| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

佐々木研究室プラハ出張所

makisan@佐々木研です。

実はわたくし、来週から一年近く、チェコ共和国のプラハにある
J. Heyrovsky Institute of Physical Chemistry
に行くことになりました。
以前から少し佐々木研と交流があった研究者の方がこちらにおられて、
その関係で共同研究を開始することになったためです。
出発は次の月曜日です。
プラハは“百塔の街”と呼ばれる綺麗な街並みとビールが有名な所です。
これからは、「makisanのプラハでビール三昧研究生活紀行」をお送りしたいと思います。
posted by makisan at 17:26| ☁| プラハ出張所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。