2008年05月12日

お客様

先週のあるとき、お客さんがありました。
  「I田さん居ますか?」
可愛い女の子でした。
先月から隣の研究室にM1として入って来られた方だったと思います。
残念ながらその時、I田くんは留守で、部屋には、先月からM1として佐々木研に加わったKくんと私しか居ませんでした。留守の旨を伝えると、お客さんは戻ってゆかれました。
良く考えると、彼女はM1のKくんの同級生なのであって、しかも先月来られたばかりで、なぜM2のI田くんと知り合いなのでしょう?
Kくんも心当たりが無いようです。今度、I田くんを問い詰めてみよう(←邪推)ということになりました。

後日、I田くんに、来客があった事を伝え、ついでに(?)用件について訪ねてみたところ、
  「あぁ、それ大した用じゃなかったらしいんですよ。」
  「ふぅぅ〜〜〜ん。」(←邪推)
  「なんすか!?」
よくよく聞いてみると、本当に大した用じゃ無かったらしいのです。
そっか、つまんないな。
いや、そんなことより、I田くんは最近体調悪くて大変なんです!I田くん、お大事に。


posted by makisan at 13:01| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。