2009年06月26日

辛味大根

どーも、今日はやたら早起きできた安江です。

SH370005.jpg

じゃーーーんダッシュ(走り出すさま)
暑くなってきたし、ツルっといけるざるそばはサイコーですね晴れ

写真のなかの大根おろしは実家から送られてきた辛味大根exclamation×2
ピリッとしてウマウマでした。
posted by たっくん at 17:03| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

研究室での一コマ

さっき佐々木先生とX線管球の手入れをしました。
makisan@佐々木研です。

佐々木研では、学生さん一人一人に机が割り当てられます。
この4月に新しく入ってきたM井くんとY江くんの席は、
少し離れているのですが、ある日見ると肩を並べて
何やらやっています。
近づいてみたら、二人して唸っていました(笑)。
レポートの課題だそうです。

HI350215.JPG
レポートは連係プレーで乗り切ったようです。
仲良きことは良きことかな、ですね。
posted by makisan at 15:21| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

たかが六角レンチに驚いた理由

今朝寝坊したら駐車場が一杯で大変でした。
まきさん@佐々木研です。

佐々木研にはよく来客があります。
共同研究の先生方、セミナーにお呼びする先生、遊びに来る他所の研究室の学生さん、などなど。
ですので、当研究室はお茶の備えが充実しています。
紅茶に添える砂糖やティースプーンも、一式セットになっています。
某日もお茶をお出しする機会がありました。
ティースプーンのセットを出そうとしたら、その中に、なぜか銀色の六角レンチががく〜(落胆した顔)
お客様にお出しする直前に気づき、急遽まわれ右。
背中越しに、お砂糖要りますかと聞きましたら、
不要とのことでしたので、六角レンチはそのまま砂糖ごと退場しました。

確かに、居室は整理整頓が行き届いているとは言い難いですが、
紅茶セットに六角レンチはねーべ?と思うのです。
レンチはキレイだったのですが、レンチ混入に身に覚えのある人、出てきなさいパンチ
posted by makisan at 11:43| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

話芸

どーも安江です。

昨日は、集中講義で日本原子力研究開発機構から内海先生さんが来ました。

以前、奥部さんに"先生はとってもおしゃべりが上手やで!!"と刷り込まれていたのですが、やっぱり先生のお話はおもしろかったです。芸風?は変わったらしいのですが・・・

やはりプレゼンテーションて大事なんやんと思います。僕はとにかく英語プレゼンテーションが終わってホッとしてます。デキは・・・


とにかく、
内海さんありがとうございました。
posted by たっくん at 16:55| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

流れ星になった試料

今日は梅雨って感じのお天気ですね。
makisan@佐々木研です。

先週までの高エネ研での実験、ほとんどは単結晶試料を用いた実験でした。
今回の試料は超高圧を発生させる小型のセルに入った小さい結晶で、実験室レベルのX線発生装置ではデータ測定が難しいので、放射光施設でデータをとります。
単結晶を用いた実験では、最初に結晶の方位を決定する必要があり、この時に振動写真なるものを撮ります。
単結晶の振動写真は、回折されたX線が夜空の星のように写って、なかなかきれいです。
今回もお写真撮りました。
・・・が、いつもは点に写る回折点が、一部、線になって現れているものがありました。。。。
写真には、試料の他、試料周りの部品からの回折なども写ります。
点が線になってても、試料からの回折でなければ問題なし、と気を取り直して写真を分析してみましたら、丁度これが試料からの回折っぽいのです。
しかも試料以外は通常通りに写っているのに、試料だけ、夜空の星のハズが流れ星状態です。。。
試行錯誤+考察の結果、試料の状態がよくないという可能性が優勢になってきました。
それでも、「いや、でももしかしたら別の理由かも・・」という希望的観測の元にしばらく努力を続けましたが、やっぱり試料が悪そうです。
諦めモードに入ってきた頃、ある先生がmakisanに一言。
「測れないものは測れないんだよ!」

はい、この直後、別の試料の測定に方針転換しました。

posted by makisan at 19:10| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

現場レポート 09年春

5/19から3週間に渡りました今期の高エネ研での実験ですが、やっと明日終了となります。
makisan@Photon Factoryです。

今回は、本年3月に設置しました回折計の、ビームを入れての立ち上げを行いました。
通常の実験スタイルでは、「最初の2日位を立ち上げに費やし、後はデータ測定。」というスケジュールで実験していますが、今回は新たな装置の立ち上げと言うことで、2週間を立ち上げに費やしました。
卒業生のみなさん、想像してください。最初の立ち上げが2週間ですよ。。。。ふらふら

この回折計は決して新しいものではないのですが、これまで使っていたビームラインに備え付けの回折計より小さい分、交差精度がよく、測定システムも使い勝手がよいので、立ち上げ後は従来よりも、ずっと効率よく磁気散乱のデータ測定ができるようになりました。

装置の移設にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
ご報告を兼ねて、お写真を載せておきます。

P6070127.JPG
白くて小さい方が今回入った回折計。
とある先生が様子を見に来られて、「回折計の親子みたいで可愛いねぇ。はっはっは。」と笑ってゆかれました。

posted by makisan at 21:05| ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。