2008年05月24日

つくばレポート2

相も変わらず、2本のビームラインでの実験が進行中です。
片方のビームラインでは非常に快調に実験が進んでいます。
もう片方では、一昨日は、なんといいますか、
一言で言うと、怪奇現象が起こり大変でした。

低温装置を取り付け、温度が変わってからの結晶方位を決めるため、ピークサーチ。
さくっとピーク発見。たくさん発見。こりゃ簡単に方位決まりそう黒ハート
と、悠々と数万cpsをカウントしたピークに向かうも、ピークが無い。
さっきここにピークあったじゃん!ナンデ!?
必死の捜索の甲斐あって、再びピーク発見。
ですが、ピークがみるみる位置を変え逃げてゆく(笑)。ナンデ!?
他にも、数秒置きにカウント数が減ったり増量されたり!ナンデ?!

そんなこんなで格闘中に、施設の職員さんが現場を覗きに来て一言。
  「どした〜?みんな顔死んでっぞ〜?(茨城弁調で)」
そうです!死にそうな最中なんですよっっ!!むかっ(怒り)
でも、こちらもただで帰る訳にも行きません!
詳しい事は省きますが、怪奇現象にも負けず、試行錯誤の末に取れるだけのデータ回収を行いました。
最後には皆、ぐったりしていました。
この日の夜、撤収する際に体育会系の猛者のI田くんが
  「心が折れました」
と言ったのが印象的でした。

HI350173.JPG
天敵の巨大霜。敵は強かった。


posted by makisan at 00:40| ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。