2008年05月06日

周囲に認められることが重要

 どんなトッププレーヤーもはじめは普通の人と同じ地点からスタートする。
時間が経過しても普通のままの人と、トップに昇っていく人の差ができるのは、
昇っていくための環境の違いも大きいと思っている。
 一流になるためには、まず周りが本人を認める、
周りに認めさせるということが重要だ。
お互いのしのぎを削るライバルたちから
「あいつならもう一段昇っても仕方がない」と思わせること。
私の経験では、ライバル関係にある人から認められていない人
が上にあがるということはほとんどない。
周りから評価され、強さを認めてもらうような空気を作ること。
もちろん実力も大切だが、
日頃のちょっとした行いや将棋に対する姿勢の積み重ねが、
そうした空気を作り出すのだ。

瀬川晶司「後手という生き方」より


posted by sken at 20:18| ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。