2008年05月01日

母への手紙〜江崎玲於奈

江崎さんが心の支えとした兄を亡くしたときに母へ送った手紙
です。
《僕は母ちゃんの気持ちは理解できます。然し、僕は学問と云
うものを持ち、それは僕の生命であり又力であります。そして
それは大自然、宇宙、神と連がります。そして僕は兄の死によ
って大いなる示唆を受けました。即ち、今の僕にとって何物も
恐怖ではなくなりました。生きてゐる限り力をつくす。そして
若し死ぬべき時が来れば死ぬ。死ぬべき時には死ぬということ
が極く自然の法則に従ってゐるように思はれます。》

日経1月12日(金曜日)「私の履歴書」から


posted by sken at 05:16| ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。